「交差式製本」でノートをつくる

2021年9月11日(土曜日)
14:00−17:00

内田嘉吉文庫の修復に携わる藤井敬子氏をお招きし、同氏が冊子の修復に用いた「交差式製本」の技法を学び、ソフトカバーのノートをつくるワークショップを開催します。
「交差式製本」は1990年代イタリアの製本・修復家カルメンチョ・アレギ氏により考案された比較的新しい製本方法です。2枚の紙を交差するように組み合わせることで独特な表情が生まれる「交差式製本」は開きやすく、実用的です。今回の講座ではさまざまな用途に使えるノートをつくります。

定員:20名(事前申込順、定員に達し次第締切)中学生以上
参加費:2,000円(材料費込)
お申し込みフォーム、電話(03‐3502‐3340)いずれかにて、
①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
お問い合わせ:日比谷図書文化館 03-3502-3340(代表)

日比谷図書文化館 4階スタジオプラス(小ホール)

千代田区立日比谷図書文化館
東京都千代田区日比谷公園1-4