製本と修復 ー「ルリユール」で広がる書物の世界ー

古書で紐解く近現代史セミナー第31回 製本と修復 ー「ルリユール」で広がる書物の世界ー 2018年9月20日(木) 時間:午後7時〜午後8時30分(開場:午後6時30分) 講師:岡本幸治 16世紀以降ヨーロッパでは、本は仮製本の状態で売られ、購入者が自身の好みで製本工房の職人に製本を依頼していました。その製本術を「ルリユール」といいます。...

100年後も手に取れる本に 〜内田嘉吉文庫修復報告 2018〜

特別研究室企画展示 100年後も手に取れる本に 〜内田嘉吉文庫修復報告 2018〜 2018年7月17日(火)-9月30日(日) 2017年度、日比谷図書文化館特別研究室では内田嘉吉文庫所蔵資料計10点の修復を行いました。 そこで、修復報告の一環として、修復を終えた資料とその作業記録を公開します。 前回の2014年度同様、製本家による創意工夫が凝らされた修復本のほか、今回は江戸指物師によって修復された蔵書の外箱も展示します。 開室時間:平日 午前10時〜午後8時 / 土曜日 午前10時〜午後6時 / 日曜日・祝日...